労働トラブルを回避するために|専門家に相談してみよう

弱い立場の女性に対して

ハート

実質ゼロにした事例も

離婚の慰謝料は、男性から女性に支払われるもの、そのような概念がありますが、実際は逆の場合も多いそうです。妻側から離婚を申し立てた際に、夫が慰謝料を要求してくる事例も結構あります。そもそも慰謝料とは、精神的な損害についての賠償金です。損害を受けた側が受け取るべきお金です。夫の浮気や家庭内暴力などでは数百万円の慰謝料が一般的ですが、夫婦双方に非がない場合は、事情が違ってくるようです。性格の不一致や会話が無くなった等の理由で離婚を切り出す事例が増えていますが、申し立てをするのは9割がたが妻側です。このような場合も、夫に慰謝料を請求するケースもありますが、離婚さえできれば慰謝料は要らないという人もいます。それに対して、夫側が妻に慰謝料を請求するケースが増えています。自分は長い間家庭を守ってきたのに、突然離婚を言い渡されるのは認めがたいという理由からです。このようなケースでは、どちらがどのように慰謝料を払うのか争われます。裁判による離婚でも、判断が分かれることが多々あります。ただ、多くの場合、双方の支払いがゼロという判決も少なくありません。夫側から妻に対しての慰謝料の請求の場合、妻側の経済基盤を考慮して、夫側への支払額が決められます。大抵の場合、夫より妻の収入が低いことを鑑みて、慰謝料はゼロとなることが多いといいます。妻側に浮気などの不利な条件があっても、その額は20万円以下という事例が殆どです。

Copyright© 2017 労働トラブルを回避するために|専門家に相談してみよう All Rights Reserved.