役員のための保険

逓増定期保険とは何か

逓増定期保険とは、中小企業において、役員の保障・節税対策に使われるもので、企業の成長とともに、死亡保障金額が増加していくタイプの定期保険です。 あらかじめ設定した期間で保障が終了する定期保険であって、その保証期間中は、毎年保険料は同一ですが、ある一定期間が経過すると保証額が増加し、スタート時の5ないまで死亡保障が増加します。 逓増定期保険を使うことによって、法人税の納付額が抑えることが可能になって節税の手段として使えます。 経済環境が思わしくない場合、売上高が思うように確保できない場合は、売上高を上げることが困難な場合、節税対策として逓増定期保険を使うことによって、法人税を圧縮することで売上高を確保したのと同じ意味合いを持たせることができます。 逓増定期保険は、節税対策として非常に有効です。

どの様なことに注意すべきか

逓増定期保険は節税対策として非常に有効ではありますが、デメリットもあります。 考えられるデメリットとして、 解約返戻率のピーク前の解約と解約返戻率のピーク時に解約できない、ということがあげられます。 逓増定期保険は、解約返戻金が徐々に積み上がってピークを迎えるようになりますが、ピーク時(一般的に5〜10年程度)には、保険料相当額を解約返戻金として受け取ることができますが、ピーク時前に解約すると返戻金が少額になることがあります。 また、ピークを迎えたあとは解約返戻金が徐々に下がっていき保険期間満了時には解約返戻金がゼロになります。 その場合、損失が出ていると、課税対象にはなりませんが、利益が出ている場合は雑収入として法人税の対象となってしまい、せっかく節税対策が意味をなさなくなることがあります。