労働トラブルを回避するために|専門家に相談してみよう

合理的な手続きのために

男女

弁護士と税理士がサポート

1000組の夫婦のうち、1.73組がある決断をしています。それが離婚です。男女トラブルや性格の不一致により離婚を決意した方は、まずは夫婦間で話し合いを行います。この夫婦間の話し合いは協議離婚と呼ばれており、協議した内容を離婚協議書に記録します。しかし、多くの夫婦が、夫婦間の話し合いでは合意に至りません。もし、親権や教育費、財産分与で合意できない場合には、専門家に相談することが重要です。離婚の相談は、一般的に弁護士が対応しています。弁護士に相談することで、離婚調停や裁判離婚のサポートが受けられます。法的ミスがなくなる上に、1人で悩む必要がないのが大きなメリットです。また、主張をしっかりと伝えられるほか、相手の主張に反論できるのも魅力的です。国によって設立された法テラスで無料電話相談ができるため、気軽に弁護士のサポートを受けられます。弁護士のほかに相談したいのが、税理士です。特に自宅の不動産が主な財産である夫婦は、税理士のサポートが欠かせません。婚姻中に夫婦が協力して築いた財産は、夫婦共有の財産です。そのため、離婚の際に財産を分割しなければなりません。ここで問題となるのが、自宅の分割です。不動産は現金化しない限り、分割できません。もし夫婦の全財産が3000万円であれば、均等分割するとそれぞれ1500万円を請求できます。しかし、全財産のうち自宅が2500万円を占める場合には、この自宅を得た側は1000万円も多く財産を受け取ります。この1000万円には贈与税が課税され、予想外の出費を強いられます。税理士に相談することで贈与税負担をなくすことができ、新たな生活をスムーズにスタートできます。

Copyright© 2017 労働トラブルを回避するために|専門家に相談してみよう All Rights Reserved.