経理代行サービスは利用しないと損?会社にとって嬉しいことばかり!

労働トラブル防止の為に

男の人

専門家によるサポート

最近は景気が回復したこともあり、失業率は低下傾向にあります。しかしその一方で、雇用されている労働者と使用者との間のトラブル、すなわち労使トラブルが増加しています。ここ埼玉県にも中小企業を始め多くの企業がありますが、従業員とのトラブルに悩まされているという企業は少なくありません。そのような背景は、従業員側の権利意識が高まってきたこと、そしてインターネットなどにより労働法令関連の情報を容易に集められることが挙げられます。今や、埼玉県内の労使トラブルは、県庁所在地のさいたま市だけでなく、郊外を含め県内全域で発生しております。そのような労使トラブルを未然に防ぐためには、法律の専門家である弁護士と顧問契約を締結し、トラブル発生のリスクを弁護士に一つ一つ摘み取ってもらうことがベターです。労使トラブル発生の原因は事案により様々ですが、圧倒的に多いのが、労働契約や就業規則の不備です。労働契約や就業規則のチェックは、大企業であれば法務部門を中心に定期的に行われます。しかし、中小企業だと就業規則自体が存在しないばかりか、労働契約書の取り交わしも行わずに雇い入れするケースも往々にして見られ、それは埼玉県も例外ではありません。顧問弁護士は労働契約や就業規則の不備を指摘してくれるだけでなく、従業員が民事訴訟や労働審判を申し立てた場合には、事業主の代理人として法廷でのサポートをしてもらえます。労務管理改善を専門とするコンサルタントは多くいますが、訴訟沙汰となった場合の対処などを考えると、弁護士と顧問契約を結ぶ方がメリットがあります。そのようなこともあり、埼玉県内の中小企業でも弁護士のサポートを受ける企業が増えてきました。

Copyright© 2017 経理代行サービスは利用しないと損?会社にとって嬉しいことばかり! All Rights Reserved.