発症後でも遅くない

がんの人でも入れる保険とは

若いうちは自分ががんになるとはあまり思わないかもしれません。しかし、日本人の死因のトップということからも、絶対にがんにならないとはいえないのです。 がんになっても手術などの治療で完治する人も増えてきました。そういう人は、いつか再発するのではないだうろかという不安があるものです。 最近では、そういうがんになった人でも入れる保険がたくさんできてきたのです。 がん経験者の人たちから自分も入れる保険が出来て嬉しいという声が続々と届いているのです。 この保険は、いくつかの告知がありそれが通れば入ることができるのです。 このがんの人でも入れる保険の名前は、引受基準緩和型保険といいます。 この引受基準緩和型保険を出している会社はいくつかあるので、選ぶ時は比較をして選ぶことになります。

少しでもお金の不安をなくすために

がん治療を経験したことがある人は、いつか再発するのではないかという心配があるものです。 その心配は病気のことだけではなくお金に関する心配も含まれているのです。再発してしまったら入院費や治療費は払えるだろうかという心配です。 そういう心配をなくしてくれたのが引受基準緩和型保険という、がんの人でも入れる保険なのです。 現在入院中の人や、手術をすすめられている人、2年以内に入院したことがあるという人は加入することができません。保険会社によって違いがあるので加入をする時は比較することです。 この保険会社には入れないが、別の会社には入れるということがあるのです。 また、どの保険にも入れないという場合には、無告知型保険となります。この保険は、告知なしで入れるので誰でも入ることができます。 その分、保険料が高くなってしまうのです。