労働トラブルを回避するために|専門家に相談してみよう

一家

借金苦の心配をなくす方法

相続人となる方もしっかりと事前より準備をすることで、相続トラブルを未然に防げます。多額の借金を抱えている方は、家族と一緒に弁護士に相談しましょう。大阪の弁護士の多くが相続放棄の相談に対応しており、遺される家族が借金に悩まないようサポートを行っています。

ハート

弱い立場の女性に対して

離婚裁判では、慰謝料について争われることが結構あります。浮気や家庭内暴力での離婚の場合、数百万円とも言われる慰謝料の相場ですが、夫婦双方に非がない場合、双方が支払う額はゼロというケースも結構あります。妻側が慰謝料を請求される場合は、経済基盤を鑑みて、支払い額ゼロの判決も多いそうです。

男の人

代行サービスを利用する

経理代行サービスを利用することで、とても大きなメリットを期待することが出来ます。経理代行サービスを活用することで、経理に関する会社のコストを抑えていくことも出来ます。こうした部分を外部に委託している会社は増えています。

男女

合理的な手続きのために

専門家のサポートを受けたいのが離婚です。希望通りの条件で離婚するために、弁護士に相談するようにしましょう。弁護士のサポートにより、法的ミスをすることなくスムーズな離婚手続きが可能です。また、財産分与で贈与税が課税されないように、税理士に相談することも重要です。

弁護士

相談件数で選ぶ

埼玉の弁護士事務所を利用するということであれば、まずは相談してみるということがとても大事です。相談してから、実際に依頼するのかを決めておくということが必要です。信頼や実績も大切なポイントとなっています。

労働トラブル防止の為に

天秤

専門家によるサポート

最近は景気が回復したこともあり、失業率は低下傾向にあります。しかしその一方で、雇用されている労働者と使用者との間のトラブル、すなわち労使トラブルが増加しています。ここ埼玉県にも中小企業を始め多くの企業がありますが、従業員とのトラブルに悩まされているという企業は少なくありません。そのような背景は、従業員側の権利意識が高まってきたこと、そしてインターネットなどにより労働法令関連の情報を容易に集められることが挙げられます。今や、埼玉県内の労使トラブルは、県庁所在地のさいたま市だけでなく、郊外を含め県内全域で発生しております。そのような労使トラブルを未然に防ぐためには、法律の専門家である弁護士と顧問契約を締結し、トラブル発生のリスクを弁護士に一つ一つ摘み取ってもらうことがベターです。労使トラブル発生の原因は事案により様々ですが、圧倒的に多いのが、労働契約や就業規則の不備です。労働契約や就業規則のチェックは、大企業であれば法務部門を中心に定期的に行われます。しかし、中小企業だと就業規則自体が存在しないばかりか、労働契約書の取り交わしも行わずに雇い入れするケースも往々にして見られ、それは埼玉県も例外ではありません。顧問弁護士は労働契約や就業規則の不備を指摘してくれるだけでなく、従業員が民事訴訟や労働審判を申し立てた場合には、事業主の代理人として法廷でのサポートをしてもらえます。労務管理改善を専門とするコンサルタントは多くいますが、訴訟沙汰となった場合の対処などを考えると、弁護士と顧問契約を結ぶ方がメリットがあります。そのようなこともあり、埼玉県内の中小企業でも弁護士のサポートを受ける企業が増えてきました。

Copyright© 2017 労働トラブルを回避するために|専門家に相談してみよう All Rights Reserved.